阪神・岩貞 5回82球1失点で降板 3勝目ならず

[ 2020年8月2日 19:54 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2020年8月2日    甲子園 )

<神・D>5回1失点の投球を見せた岩貞(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神先発・岩貞が、5回82球1失点ながら降板となった。

 0―1で迎えた5回の攻撃。DeNA先発・平良から、この試合はじめて複数走者を出した場面で福留を代打に送られた(2死一、三塁)。福留は三邪飛に倒れて同点ならず。今季3勝目の権利を手にすることはできなかった。

 初回先頭の梶谷に初球を本塁打にされて以降は立ち直り、追加点を許さない好投を見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月2日のニュース