巨人 「ヴィーナス」2年目の齊藤ななこさん「いつもの100倍のパフォーマンスを」

[ 2020年6月16日 05:00 ]

巨人「ヴィーナス」齊藤ななこさん
Photo By 提供写真

 巨人が無観客で迎える19日の開幕戦(対阪神、東京ドーム)に向け、攻撃時に流す各選手の「応援歌」を制作していることが15日、分かった。選手の士気を高めることが目的で、スタンドでは公式マスコットガール「ヴィーナス」がダンスを踊りながら応援する。試合展開の中でパフォーマンスを行うのは異例で、テレビ観戦するファンに「台湾プロ野球」のような華やかな演出を届ける。

 2年目の齊藤ななこさんが、本紙にコメントを寄せた。

 (この3カ月間)日々のトレーニングや練習に加えて、自分について考える時間を増やしました。自分がどうなりたいかを客観的に捉えるため、自分が人をプロデュースするならどんな風にしたいかをイメージしてノートに書き出しました!具体的に自分の理想や考えを捉えられるので、活動再開した際の目標や課題をより明確に掴むことができました。

 この状況の中パフォーマンスができるということにとても感謝しています。だからこそ、画面を通して応援してくださるファンの方の思いも背負って、いつもの100倍のパフォーマンスをお届けしたいと思っています。今しかできない、今だからできる!そんなパフォーマンスをジャイアンツファンの皆様にお届けしたいと思います。

 (ファンの皆様には)いつもジャイアンツや、ヴィーナスを応援して下さっている皆様、本当にありがとうございます!このような状況だからこそ、ジャイアンツが日本一になって、皆様と一緒に喜びを分かち合いたいです!待ちに待った開幕、ジャイアンツは今シーズンもノンストップで熱く駆け抜けます!オレンジ一色に輝いた光景を一緒に見ましょう!!

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月16日のニュース