巨人・丸 1軍合流、負傷の右足親指「問題なし」 左足打撲の岡本は焦らず開幕に照準

[ 2020年6月2日 05:30 ]

打撃練習を行った巨人・丸
Photo By スポニチ

 5月中旬に右足親指を痛めてリハビリ組で調整していた巨人・丸が、東京ドームの1軍練習に合流した。打撃練習で何度も柵越えの打球を放ち「ほぼ良くなってきている。問題なくやれた。細かな動きを確認していきたい」とコメントした。2日の西武との練習試合は大事を取るもようで、原監督は「だいぶ(状態は)いいんでしょうけど、明日(2日)は出ないでしょうね」と説明した。

 また打撃練習で汗を流した岡本は、数日前の練習で走塁中にベースに左足をぶつけた影響で軽い打撲の症状があり、2日の出場は当日の様子を見て判断する。指揮官は「本人は鼻息荒くて、昨日のダービー馬のごとく。今は手綱を引いている状態」と、19日の開幕に照準を絞った調整を行わせる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月2日のニュース