西武・ニール 開幕投手へ万全「今の体調は3月開幕だったときの直前と変わらない」

[ 2020年5月26日 05:30 ]

オンライン取材に応じる西武・ニール(球団提供)
Photo By 提供写真

 西武の開幕投手を務めるニールが6月19日開幕を見据え、青写真を描いた。25日、メットライフドームの練習後にオンライン取材に応じ「2週間前から試合をシミュレーションして(ブルペンで)投げ始めていたよ。練習試合は2試合ぐらい投げたいね」と意気込んだ。

 来日1年目の昨季は11連勝を含む12勝でリーグ連覇に貢献。2月のキャンプ最終日に、辻監督から初の大役に指名された。オープン戦は2試合、計7回1/3を2失点で「今の体調は3月開幕だったときの直前と変わらない」。自宅待機期間中は、夫人の手料理の和牛ステーキなどに舌鼓を打ち、英気を養い続けた助っ人右腕。「日本でプレーすること自体がうれしいこと。全てを前向きに考えている」と頼もしかった。

 ▼西武辻監督 ファンの方々にお待たせしてしまいましたが楽しみにしてもらいたい。どんな形でも野球をお見せできることがうれしい。

 ▼西武森 開幕することに感謝したい。自主練習中は野球ができる喜びを感じた。最高の状態をつくり、フルスイングを多くのファンに届けたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月26日のニュース