阪神・矢野監督 藤浪もローテ候補「順調にいけるかなという感じ」

[ 2020年5月24日 05:30 ]

甲子園のマウンドで躍動感あふれる動きをみせる藤浪(球団提供)
Photo By 提供写真

 阪神の矢野監督は開幕ローテ争いする藤浪についても言及した。

 「期待はみんなにしているし、俺の中では晋太郎も飯田もサダ(岩貞)もアキ(秋山)も、競争からはい上がってきたやつを使うという中での晋太郎なんで。それは同じように見ていきます」

 新型コロナウイルス感染で入院するなど体力的なブランクが懸念された藤浪の状態については「(視察)1回目より次に見た方がいいボールも来ている感じに見えた。今の段階で調整の遅れとか、体力面の不安は感じていない。順調にいけるかなという感じ」。活動休止前までは秋山やスアレス、飯田などと開幕ローテーションの5、6番手を争う立場だったが、依然その座を争う立場に変わりはないことを強調した。

 また、3月上旬から中継ぎに配置転換していた岩貞についても「先発で準備をしてもらいながら、一番何がいいのかというのをこちらで判断させてもらおうかなと。それは本人に伝えてある」と再びローテ争いに加える意向を示した。最短6月19日の開幕まで1カ月もない中で、先発枠をめぐるアピール合戦は今後さらにし烈を極めそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月24日のニュース