オリックス・K―鈴木 逆転開幕ローテーション入りへ猛アピール

[ 2020年3月18日 05:30 ]

2軍練習試合   オリックス0―0阪神 ( 2020年3月17日    オセアンBS )

好投したK-鈴木(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックス・K―鈴木が逆転開幕ローテーション入りへ猛アピールした。阪神との2軍練習試合で7回1/3無失点。散発2安打、7奪三振の快投で見せた。

 「指にかかるボールが増えてきた。調子が上がっているということだと思います」

 最速153キロの直球を軸にカットボールやフォークを織り交ぜて高山や大山ら1軍打者も並んだ打線を圧倒した。8回先頭で右太腿に打球(投ゴロ)が直撃して降板。自力歩行で球場を離れ、「たいしたことない。大丈夫」と軽症を強調した。

 キャンプ終盤に不調で2軍降格。「体の使い方やバランスを意識した」と投球フォームを修正して復調につなげた。先発陣は張奕が右肘炎症で離脱するなど山岡と山本のダブルエースを除く3番手以降が未定だっただけに好材料と言えそうだ。

 次は24日からの中日との2軍練習試合に登板見込み。「まだローテが確定していない状況。そこ(開幕)に合わせていけるように継続してアピールしていきたい」と意気込んだ。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月18日のニュース