ダルビッシュ キャンプ地で汗 ブルペンでは一人で…

[ 2020年3月18日 10:16 ]

キャンプ地の米アリゾナ州メサでキャッチボールなどで調整したダルビッシュ(撮影・奥田 秀樹通信員)
Photo By スポニチ

 カブスのダルビッシュ有投手(33)が17日(日本時間18日)、米アリゾナ州メサのキャンプ地でキャッチボールなどで体を動かした。

 2日前、25人いた選手は15人に減った。デービッド・ロス監督はじめコーチ陣、フロントスタッフは先週末にキャンプ地を離れ、この日は広報部長もシカゴに移動した。一方、ダルビッシュと同じく、一塁手のリゾ、外野手シュワバー、右投手のヘンドリックスらは残り、個々に練習を続けていく。

 ダルビッシュはキャッチボール後、ブルペンのマウンドに立って、フォームを確認しながら、約10球を投げた。球団スタッフも減ってしまったため、ブルペンでの練習は一人だけ。投げたボールを自分で拾い、練習後は使ったマウンドを自分でならしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月18日のニュース