巨人・メルセデス 日体大相手に復帰登板 原監督「貴重」

[ 2020年3月18日 05:30 ]

日体大との交流戦で3回無失点のメルセデス(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 巨人は全体練習を行ったジャイアンツ球場で、3軍と日体大のプロアマ交流戦が行われ、原監督が視察した。

 メルセデスが左肘違和感から復帰し、最速は145キロで3回1安打無失点。指揮官は「テンポ、制球力を含めてやっぱりいいものを持っている。貴重だと思いますよ」と、開幕ローテーション候補を評した。

 また、コンディション不良で出遅れたドラフト2位・太田(JR東日本)が2回1安打無失点。指揮官は「まだ語るに足らず。(キャンプインの)2月1日にあれくらいの投球をしておくのが本来」と厳しかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月18日のニュース