楽天・則本 大役に前向き 本拠地でできる“予行”「いつも“ぶっつけ本番”だったけど」

[ 2020年3月18日 05:30 ]

先発投手練習中に笑顔で会話する楽天・則本昂(左)と松井
Photo By スポニチ

 開幕延期に伴う練習試合を「予行演習」にする。3月の仙台は気温が低いため、例年は楽天生命パークでオープン戦を行わないまま開幕を迎える。今年は本拠地で練習試合が実施される予定で、エースの則本昂は「いつも“ぶっつけ本番”だったけど、球場のコンディションだったり気温や気候を感じることができる」と前向きに捉えた。

 昨季の本拠地開幕戦は降雪による中断という珍事もあり、松井は「寒い中でどれだけ体が動くか確認したい」と歓迎した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月18日のニュース