00年に西武でプレー フェルナンデス氏 57歳で死去 メジャー通算2276安打

[ 2020年2月17日 05:30 ]

00年に西武でプレーしたトニー・フェルナンデス氏
Photo By スポニチ

 ブルージェイズなどで通算2276安打を放ち、西武でもプレーした元内野手のトニー・フェルナンデス氏が死去したと15日、複数の北米メディアが報じた。57歳。腎臓病や脳卒中を患っていたという。

 ドミニカ共和国出身で83年にメジャーデビュー。メジャー17年通算で打率・288、94本塁打、844打点をマークした。オールスター戦には5度選出され、遊撃手としてゴールドグラブ賞を4度獲得。00年に所属した西武では打率・327、11本塁打、74打点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月17日のニュース