“プレミア組”のオリックス・吉田正&山岡 五輪出場に意欲「やることやって…結果出す」

[ 2020年2月13日 05:30 ]

オリックス春季キャンプに訪れた侍ジャパン・稲葉監督(左)は吉田正と握手を交わす (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 昨年のプレミア12に出場したオリックスの吉田正、山岡も東京五輪出場に意欲を見せた。

 吉田正は「やることをやって、シーズンに向けて準備をして結果を出す」と力を込め、23日のソフトバンクとのオープン戦出場に照準を合わせた。

 17日のシート打撃に登板する予定の山岡は、稲葉監督の前で今キャンプ最多となる72球を投げ「(東京五輪には)もちろん、出たい気持ちはあります」とうなずいていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月13日のニュース