ソフトB 城島アドバイザーが初仕事 育成の黒瀬に助言「何がヒントになるかは分からないからね」

[ 2020年2月3日 05:30 ]

宮崎キャンプ ( 2020年2月2日 )

練習を見つめる城島会長付特別アドバイザー(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの城島球団会長付特別アドバイザーが第2球場でB組の打撃練習を視察。打撃投手を務めた大竹の内角球を2球連続で見逃した育成5年目の黒瀬に「先に左肩が入っているから手が出ない。もっと下半身も使えるように」と助言した。

 黒瀬はティー打撃から実践し直し「打球が明らかに変わった」と感謝。“初仕事”となった同アドバイザーは「指導ではないですよ。打撃の考え方を聞かれたので答えただけ。でも何がヒントになるかは分からないからね」と笑顔ではぐらかした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月3日のニュース