巨人・坂本 インフルで静養も早めで「良かった」「今は全然問題ない」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

沖縄から帰京し笑顔を見せる坂本勇(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本が自主トレ先の沖縄県から帰京した。練習の中盤に現地でインフルエンザを発症し、約1週間の静養を余儀なくされたが「正直、(休養したことは)痛いけど逆に時期が(早めで)良かったと思って。今は全然問題ない」と前向きに捉えた。

 序盤にノックを増やして守備練習に重点を置き、静養後の後半には打撃練習に時間を割いた。天候にも恵まれ「今年は結構外でも打ちました」と屋外でのフリー打撃も行った。帯同した北村、増田陸、湯浅については「積み重ねが上達の近道。継続してくれればうまくなる」と期待した。

 2月のキャンプは丸や亀井らとともにマイペース調整が認められる「S班」でスタートする。阿部2軍監督からは若手の手本として期待を寄せられている。坂本は「若い子たちが感じることだと思う。僕たちは普通に」と自然体で取り組む。(川手 達矢)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月23日のニュース