ヤクルト雄平 復権へDeNA・宮崎モデルバット採用「スムーズに振れる」

[ 2019年12月30日 05:30 ]

打撃練習する雄平を見つめる高津監督(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの雄平が「首位打者モデル」で復権を期す。来季からバットを一新し、17年首位打者に輝いたDeNA・宮崎と同じモデルを採用。「グリップがなめらかで力が入るし、スムーズに振れる」と明かす。重量の違う2タイプを発注した。

 通常は880グラムだが、シーズン後半に体力が落ちた時のために860グラムも用意。今季は131試合で打率・273、12本塁打、56打点でチームも最下位に沈んだ。このオフは免除されていた秋季練習にも自主参加し、巻き返しを誓っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月30日のニュース