巨人・原監督「野球のレベル高い」 由伸前監督らと沖縄で野球教室

[ 2019年12月7日 17:46 ]

野球少年に囲まれて笑顔を見せる巨人・原監督
Photo By スポニチ

 沖縄県那覇市で「ファンケル キッズベースボール 2019」が開催され、ファンケルパートナーを務める巨人・原辰徳監督(61)が総監督として、また高橋由伸前監督(44)らプロ野球OBが指導を行った。地元の少年野球29チーム、小学生以下496人が参加。雨天のため室内練習場だったが、キャッチボール、守備、ティー打撃などを行った。

 原監督は沖縄県内の子供たちに「非常に野球のレベルは高いなと思います。気候も、環境もいい。プロ野球球団がたくさんキャンプに来ている。ここのところ沖縄の代表も甲子園で活躍するし、非常にレベルは高くなっている」と感想を口にした。今年で10年目を迎える同教室は野球を通じて世界中の子供たちに笑顔と心身の育成を目指す社会貢献活動。講師は槙原寛己氏、斎藤雅樹氏、村田真一氏、大野倫氏、元ソフトバンク・武田一浩氏、元横浜・久保文雄氏、元ヤクルト・笘篠賢治氏らと豪華メンバーが揃った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月7日のニュース