楽天・松井「こういうところで働いてみたかった」 憧れ接客業体験に笑顔

[ 2019年12月7日 16:24 ]

ファン向けのイベントでレストランのホール係を務めた楽天・松井
Photo By スポニチ

 楽天・松井がファン向けのイベントに参加。JR仙台駅に隣接する商業施設内のレストラン「6ken kitchen」で、同僚の高梨と一日入店を体験した。

 「いらっしゃいませ!」と威勢のいい声でホール係を担当した松井は、高梨がソースをかけて盛り付けした「仙台牛のロース丼ぶり」をお客のテーブルに直接運んだ。

 「接客業は憧れだった」という左腕は、「僕は高校を出てすぐにプロ入りしたのでアルバイトの経験もない。こういうところで働いてみたかった」と、イベントに参加したファンと至近距離での会話を楽しんでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月7日のニュース