DeNA中後 30歳現役引退…日米での経験生かし今後は球団職員へ

[ 2019年11月26日 05:30 ]

今季限りでDeNAを戦力外となった中後投手。25日に現役引退を発表した
Photo By スポニチ

 今季限りでDeNAを戦力外となった中後悠平投手(30)が25日、現役引退を発表した。「まだまだ野球をしたいという気持ちはありますが、全力を出し切りました」とコメントした。

 変則サイド左腕はロッテを15年限りで退団後、ダイヤモンドバックス傘下マイナーを経て、昨季途中にDeNA入り。日本復帰後は12試合の登板にとどまり、現役続行を模索したが、かなわずに決断した。今後は球団職員へと転身する。チームは今年からダ軍と戦略的パートナーシップを結んでおり、「両チームを経験しているのは僕しかいない。今までの野球経験を生かして、頑張っていきたい」。営業職への配属となる見込みで、日米8年間の豊富な経験を生かす。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月26日のニュース