ソフトB 高橋礼、侍から持ち帰った財産 今後に生かすレベル高いキャッチボール

[ 2019年11月20日 09:00 ]

<プレミア12決勝 日本・韓国>2回から登板する高橋礼(撮影・尾崎 有希) 
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの一員としてプレミア12で世界一を達成したソフトバンク・高橋礼が、大きな財産を持ち帰った。日本代表では先発の一角としてチームトップの2勝をマーク。「たまたま僕が投げた後に点が入って勝利投手になったけど、いい意味で自信にしたい。真っすぐで詰まらせたり、ゴロを打たせることができた」と振り返った。

 代表ではさまざまな発見があった。特に印象に残ったのが投手陣の「キャッチボール」だったという。

 「みんな肩ができ上がるのが早い。5球くらいあれば、30~40メートルの距離で投げられていた。離れていくスピードが凄いなと。後は遠投の力強さは僕に足りないところだと思った。レベルの高いキャッチボールが見られて、今後のプロ野球人生に生きると思う」

 来年の東京五輪でも代表入りが有力視される下手投げ右腕は「(プレミア12で)結果が出てアピールできたのは良かった」と意欲を見せた。来年はプロ入り3年目。代表で積み重ねた経験と、一流投手のキャッチボールから得たヒントを胸に、再び日の丸のユニホームを目指す。(記者コラム・川島 毅洋)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月20日のニュース