侍・稲葉監督、得点内容に手応え「コツコツ1点を取りにいけたのは良かった」

[ 2019年11月2日 05:30 ]

侍ジャパン強化試合   日本3―0カナダ ( 2019年11月1日    沖縄セルラー )

ハイタッチでナインを迎える稲葉監督(左)=撮影・村上 大輔
Photo By スポニチ

 国際大会をにらんだ戦いぶりに稲葉監督は収穫を強調した。「国際大会では長打をたくさん打つのは難しい。コツコツ1点を取りにいけたのは良かった」と振り返った。

 3得点は全て先頭打者が選んだ四球を得点につなげた。4回は近藤、鈴木の連続四球で一、二塁。吉田正と浅村は連続で一ゴロだったが、走者を進めてこの回1安打もせずに先制点をもぎ取った。金子ヘッドコーチは「内野ゴロでの1点でもいい。内野が下がっているところで、ああしてゴロを打つのは大きい」と相手守備陣形も考慮した上でのケース打撃を評価した。

 5回は松田宣が四球で出塁し、甲斐の送りバントで追加点につなげた。8回は甲斐が四球で歩き、源田の中前打で1死一、二塁に。近藤の左前適時打で甲斐が二塁から好走塁で生還した。この日は危機管理の一環として通常の一塁ではなく三塁ベースコーチとして入り、相手守備の油断を突いてGOサインを送った井端内野守備走塁コーチの判断も光った。

 「これから厳しい戦いになる。足も使いながら。長打も含めてたくさん打って点を取るのは難しい。1点の取り方を、こつこつやっていくというところをみんなに話してやっていこうと思います」と稲葉監督。2日には1次ラウンドの地・台湾へ移る。点取りゲームである野球において、いかに相手より多く積み上げるか。どんなケースにも対応できる選択肢を探り、深めて徹底させていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月2日のニュース