秋山、骨折でプレミア12辞退 強化試合で右足薬指に死球 丸を追加招集

[ 2019年11月2日 05:30 ]

10月31日の強化試合で右足に死球を受けた秋山 (撮影・成瀬 徹)      
Photo By スポニチ

 前日に死球を受けた秋山が右足第4趾(し)基節骨(薬指)骨折のため、プレミア12の出場を辞退した。代わりに丸が追加招集された。秋山は「残念ですが試合に出る上では起こり得ること。ケガを恐れ(代表に)参加しない方が後悔したと思う」とコメントを発表し、ミーティングでチームに別れを告げて帰京した。

 丸は16年3月の強化試合・台湾戦以来、3年ぶりの代表復帰。ジャイアンツ球場で行われた巨人の秋季練習に参加し、きょう2日の台湾での合流に備えた。朝に連絡を受けたそうで「突然のことで大変驚きました」とし、「日の丸に恥じないプレー、行動をしていきたい」と意気込んだ。

 この日からベンチに55番のユニホームが飾られ、稲葉監督は「秋山選手の思いを胸に、これから戦っていく」と全員に呼び掛けた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月2日のニュース