直前に失投被弾 山崎「感謝の気持ちしかない」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

セCSファーストS第2戦   DeNA6―4阪神 ( 2019年10月6日    横浜 )

9回1死一塁、サヨナラ2ランの乙坂とハイタッチをかわす山崎(19)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 劇的なサヨナラ弾にDeNAの山崎は「自分も打席に入ったつもりで見ていた。感謝の気持ちしかない」と喜んだ。

 その直前、勝利まであと1アウトの9回2死から福留に同点弾を浴びた。内角の直球。「あの1球だけ失投だった」。ラミレス監督が指揮を執った16年以降、一度もなかった8回頭からの救援。「2イニングもあり得ると思っていた」と言い訳はしなかった。第3戦は今永も石田も準備する。「甘い球が行かないように」と山崎も雪辱を誓った。

 ≪筒香2戦連発≫筒香が2試合連続の一発だ。2点リードの3回に左翼へソロ本塁打。外角直球を逆方向へ運び「逆らわずにうまく打てた」と振り返った。試合前のミーティングでは「どんな形でも勝てばいい!」などと話してチームを鼓舞した主将。「昨日は嫌な負け方だったけど、今日は新しい一日。自分のことよりチームが勝てた。それだけでいい」。第3戦へ向け「明日で決まる。また全員でやるだけ」と声を大にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月7日のニュース