楽天 浅村 CS3号も空砲も「最後に勝てればそれでいい」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

パCSファーストS 第2戦   楽天4―6ソフトバンク ( 2019年10月6日    ヤフオクD )

3回無死、ソロ本塁打を放ちハイタッチをかわす浅村(撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 楽天の浅村が1本塁打を含む2安打3打点と気を吐いたが、勝利に結びつかなかった。3回先頭で外角の153キロ直球を右翼テラス席へ今CS3号となるソロを放つと、4回1死満塁では右前2点適時打。今季はバンデンハークと対戦がなく「久しぶりだったのでやりにくさはあった」と振り返ったが、見事に攻略した。

 2連勝でのファーストS突破こそ逃したが、自身は2試合で9打数5安打6打点、3本塁打と絶好調。「結果は出ている。最後に勝てればそれでいい。全員で勝つことだけを意識したい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月7日のニュース