ヤクルトドラ4浜田 4タコデビューも「自分のスイングできた」

[ 2019年9月26日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0-12中日 ( 2019年9月25日    ナゴヤD )

初回、遊ゴロに倒れる浜田
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト4位の高卒新人・浜田の1軍デビューは4打数無安打2三振に終わった。「1番・左翼」で先発。「人がいっぱいいるなあというぐらいだった」と緊張はしなかったというが、プロ初打席は梅津の148キロ直球を引っかけ遊ゴロ。

 その後も凡退し「今日は自分のスイングをすると決めていた。それができたことが一番」と振り返った。小川監督は「来年に生かしてもらえれば」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2019年9月26日のニュース