×

ロッテ・清田、9回2死満塁で逆転打!「回ってくる順番をベンチで計算していた」

[ 2019年6月28日 22:55 ]

パ・リーグ   ロッテ6―5楽天 ( 2019年6月28日    楽天生命パーク )

試合後、ファンの声援に応える清田 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテが9回に清田の中前2点適時打で逆転勝利した。

 「自分が回ってくる順番をベンチで計算して、2死満塁で回ってくると思い待っていました」と清田。「(松井投手は)良いピッチャーなので、初球からどんどん振っていこうと思った結果がヒットになったのかなと思います」と9回の打席を振り返った。

 4回にはライトへの適時二塁打で先制点を挙げていた。「雨も降る中でなかなか難しいゲームだったんですけど、最後に勝ち切れたのはチームにとって大きいことなので良かったと思います」と話した。

 交流戦明け最初の試合を白星で飾れたことについては「チーム全員で『今日は絶対に勝とう!』と言ってゲームに入ったので勝てて良かったです」と語った。

 最後に「寒い中で最後まで応援ありがとうございます。風邪を引かず、明日はデイゲームです。また来てください」とメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2019年6月28日のニュース