大谷 “技あり”3の3&1盗塁で躍動 チームの3連勝に貢献

[ 2019年6月27日 12:01 ]

インターリーグ   エンゼルス5―1レッズ ( 2019年6月26日    アナハイム )

レッズ戦の8回、左前打を放つ大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が26日(日本時間27日)、本拠地アナハイムでのレッズ戦に「3番・DH」で先発出場。3打数3安打1四球1盗塁の活躍で3試合連続安打をマークし、打率を.291とした。チームは5―1で勝利し3連勝を飾った。

 初回の第1打席は、2死走者なしの場面で相手先発右腕ロアークと対戦。カウント2-2からの5球目、内角に入ってきたカーブをとらえ左前打を放った。

 4回の第2打席は、先頭で打席に入り、カウント1-1からスライダーを右越え二塁打。6回の第3打席は1死走者なしの場面で四球で出塁すると、続く4番アップトンの初球にスタートを切り、二盗に成功。今季4盗塁目をマークした。

 8回の第4打席では、無死二塁の場面で3番手右腕イグレシアスと対戦。カウント1-2から内角に鋭く入ったフォーシームを腕をたたみながら左前に流す、技ありの安打を放った。

 チームは1―1の8回にフレッチャーの適時打で勝ち越しに成功。その後も加点し、3連勝で貯金を1とした。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月27日のニュース