ダルビッシュ 5回5失点で降板…60日ぶり白星ならず

[ 2019年6月27日 11:48 ]

ナ・リーグ   カブス―ブレーブス ( 2019年6月26日    シカゴ )

本拠地でのブレーブス戦に先発登板したダルビッシュ有(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(32)が26日(日本時間27日)、本拠地シカゴでのブレーブス戦に今季17度目の先発登板。5回5失点で降板し、4月27日(同28日)の敵地ダイヤモンドバックス戦以来、60日ぶりの白星となる今季3勝目(3敗)はならなかった。

 初回、いきなり1死三塁とピンチの場面を背負い、暴投で先制点を与えた。その後は後続を打ち取った。

 2回は1死走者なしから7番マッキャンにカウント2-2から5球目に投じたフォーシームを右翼席まで運ばれ、ソロ本塁打を被弾。3回は1死から安打と四球で一、二塁から、5番マーケイキスに中堅への3ランを浴びて追加点を与えた。

 4回1死を取ったところで、悪天候の影響で試合は一時中断。48分後に再開後は走者を出すことなく、3者凡退で切り抜けた。5回、先頭の2番スワンソンを三ゴロ、3番フリーマンを遊ゴロ、4番ドナルドソンをカッターで三振に取り、リズムを取り戻すも、先頭で迎えた直後の打席で代打を送られて交代した。

 結局、この日のダルビッシュは5回92球を投げ、5安打5失点2四球8奪三振という内容。防御率は4.98となった。

 ダルビッシュは4月27日(同28日)の敵地ダイヤモンドバックス戦での勝利を最後に、5月4日(同5日)のカージナルス戦から、10先発連続で勝敗なし。10先発続けて勝ち負けともにつかないのは、オープナーを除くと、1977年のランディ・ラーチ(フィリーズ)以来2人目のメジャータイ記録となっていた。
 

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月27日のニュース