巨人・阿部 今季初めて守備につく 4年ぶり捕手登録も一塁へ

[ 2019年4月29日 15:59 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2019年4月29日    東京D )

<巨・D>6回から一塁へ就いた阿部(右)=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 巨人の阿部慎之助捕手(40)が29日のDeNA戦(東京D)で今季初めて守備についた。

 0―1で迎えた5回、無死満塁のチャンスで7番・山本の代打に登場。結果はハーフスイングを取られて3球三振に終わったが、チームが押し出し死球やゲッツー崩れなどで3―1と逆転すると、6回にはそのまま一塁の守備に入った。

 原監督に直訴して4年ぶりに今季から捕手登録に復帰したが、初の守備は一塁手となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年4月29日のニュース