中日 キャンプ最後の実戦は失策でサヨナラ負け…与田監督「危機感を持っていかないと」

[ 2019年2月26日 16:28 ]

<巨人・中日練習試合>9回無死満塁、小林の三ゴロをサヨナラエラーした高橋(左)(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 中日は26日、巨人との練習試合に6―7でサヨナラ負け。キャンプ最後の実戦を黒星で終えた。

 1―3の7回に打線がつながり、一挙5点で逆転に成功。ところが救援陣がつかまり、6―6に追いつかれ9回裏を迎えた。

 マウンドに上がったのは守護神候補の佐藤だったが、制球に苦しみ2四球などで無死満塁にすると、小林のゴロを三塁手・高橋がファンブル。適時失策でサヨナラ負けと後味の悪い試合となってしまった。

 与田監督は「結果的に上手くいかなかった。こういった緊張感の中で結果を残していかないと」と腕組み。

 オープン戦、シーズン開幕に向けて「力が足りないことがたくさんある。本腰を入れていかないと。危機感を持っていかないと、とても優勝できる状況でない」と最後まで厳しい表情を崩さなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月26日のニュース