ロッテ・バルガス特大1号!理論派の“ゴリラ”「角度が大事」

[ 2019年2月24日 05:30 ]

練習試合   ロッテ4―2西武 ( 2019年2月23日    練習試合 )

5回2死、代打・バルガスは中越えにソロを放ち、宗接にあおられゴリラポーズ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 霊長類最強の一発だ。5回2死走者なし。ロッテの代打・バルガスが、左打席で田村の外角低めのツーシームをバックスクリーンに叩き込んだ。約130メートルの特大弾に「感じは良かった」とバットの感触を楽しんだ。

 これが来日してからの実戦「1号」ソロ。ダイヤモンドを一周し、ベンチで出迎えたナインに両拳で胸を叩くゴリラのパフォーマンスを披露。歓喜を分かち合った。

 NPB現役最重量133キロの巨漢。入団会見では総額1300万円超の装飾品で着飾り、愛称でもある右手甲の「ゴリラ」のタトゥーを見せびらかした。派手好き。コワモテの風貌だが、野球に関しては超がつくほど真面目だ。

 パフォーマンスも「本当は三塁を回ったときにやりたかったが練習試合では感じが悪い」とグラウンドでは封印。本塁打も2ボール2ストライクからコンパクトなスイングに徹し、「追い込まれたらミートしろと教え込まれた」とルーキー時代のツインズの指導を実践した。

 大の肉好きだが日本に合わせ魚料理を楽しむ。「本塁打はパワーじゃない。角度が大事」。右打席に入った2打席目も左翼フェンス際への大飛球。バルガスが昨季12球団で最少78本塁打のチームを救う。 (君島 圭介)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月24日のニュース