ロッテ ドラ1藤原ら“かむ大切さ”学ぶ 「口腔健康セミナー」受講

[ 2019年2月9日 20:45 ]

ロッテ春季キャンプ ( 2019年2月9日 )

石垣市内にあるロッテ宿舎で行われた「口腔セミナー」。ドラフト1位・藤原らが、熱心に聞き入った
Photo By スポニチ

 ロッテは9日、高卒4年目までの選手を対象に東京歯科大学スポーツ歯学研究室の武田友孝教授(61)による「口腔健康セミナー」を行った。

 ドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭=や2年目・安田ら若手は熱心にメモを取りながら受講。「宇宙食は最初、流動食だったが、宇宙飛行士は体調を崩した。かまないと胃腸を動かす準備ができず、体調は崩れやすいんです」と同教授はかむことの大切さを力説。

 また、ガムをかむ前とかんだ後での「ひざを伸ばす筋力」の強さを測定した実験では約15%、かんだ後の方が数値が向上した結果も示していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月9日のニュース