巨人・高田、志願のブルペン セット時の投球改善へ「徹底的に」

[ 2019年2月5日 05:30 ]

巨人・春季キャンプ ( 2019年2月4日 )

3日の紅白戦で石川に3ランを放つ浴びた高田(右)(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人・高田がセットポジションでの投球改善へ奮闘している。3日の紅白戦では6連打を浴び、2回5失点。走者を出してから、セットポジションでの投球が大きな課題となり「徹底的にやっていきたい」と課題克服を誓った。

 すぐに行動に移した。4日にはブルペン入りを志願。宮本投手総合コーチから指導を受けながら、すべてクイックモーションで101球を投じた。「宮本さんに言われた足の運び方をすることで、ちょっと間ができ、タメがつくりやすくなる」と良い感覚をつかみつつある。この日はキャッチボールもセットポジションで行った。

 3年目で初の春季キャンプ1軍スタート。「本当に少しずつですけど、ちょっとは良くなっている。続けて数をこなしていって、自分のものにしていきたい」。弱点を修正し、開幕1軍を目指す。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月5日のニュース