阪神 ドラ3木浪 1軍キャンプスタート内定「アピールしないといけない立場 準備していきたい」

[ 2019年1月13日 05:30 ]

練習中、明るい表情を見せる木浪(手前は近本、撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手が12日、1軍宜野座キャンプスタートに内定した。矢野監督が方針を示唆すると、2月1日に向け「全てにおいて準備したい」と照準を合わせた。この日は新人合同自主トレ第2クール初日が行われ、プロ入り後初めてノックと室内でのマシン打撃を披露した。

 木浪は精悍(せいかん)な顔をより一層引き締めた。「1軍キャンプ内定」の事実を伝え聞くと、ありったけの闘志を言葉に詰め込んだ。

 「初めてのキャンプでどういう事をするのか分からないですけど、そこで“もっとやっていれば良かった”と思わないように。アピールしないといけない立場。全てにおいて準備していきたい」

 矢野監督が以前から温めてきた構想を、新人選手の入寮後の動きや情報を加味した上でこの日「方針」として再発表した。ドラフト1位・近本、同4位・斎藤の社会人卒選手とともに、木浪はキャンプを宜野座で迎える。

 激戦必至の内野手争いを勝ち抜くため、まずは守りでアピールする。「とりあえず守備が評価されている部分だと思うので、そこから入っていければ」。最大のセールスポイントは柔軟なグラブさばきと機敏なフットワーク。社会人時代からトップクラスの評価を得ており、プロの世界でも十分、通用する。

 長所を伸ばすためには、わずかな時間も無駄にしない。練習中以外でも「暇があれば」と言うほど頻繁に、一流選手の守備動画をチェック。特に見入るのは鳥谷、西武・源田の2人で、ゴールデングラブ賞受賞者である名手の技術を盗んでいる。「(キャンプに)行ったら“聞いてみたい”と思うと思います」と、宜野座で合流する鳥谷のノウハウを直接吸収するつもりだ。

 「意外と感覚が鈍っていなかったので良かった。(打撃は)これからもう少し上げていけるかな、と」

 この日はプロ入り後初めてノック、室内練習場でのマシン打撃を行い、調整を進めた。本職の遊撃以外もこなせることから「試合に出るなら全てできた方が良い」とポジションは選ばず定位置を狙う。若きユーティリティープレーヤー。まずは「2・1」に照準を合わせていく。

(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月13日のニュース