巨人 新外国人クックと年内の契約目指す 交渉順調か

[ 2018年12月27日 05:30 ]

ライアン・クック投手(AP)
Photo By AP

 巨人が来季リリーバー候補として調査しているライアン・クック投手(31=マリナーズからFA)について、大塚淳弘球団副代表編成担当は「何とか早く。年内には」と契約合意の見通しを口にした。

 メジャーを6シーズン経験した最速155キロの本格派右腕。交渉は順調に進んでいるとみられ、近く獲得が発表されることになりそうだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月27日のニュース