オリ鈴木昂平が結婚 東海大時代からの交際女性と「結果残せるよう頑張る」

[ 2018年12月26日 06:30 ]

結婚を発表し、来季の目標に「勝つ」と記したオリックス鈴木昂平内野手
Photo By スポニチ

 オリックスの鈴木昂平内野手(27)が結婚していたことが25日、分かった。お相手は知人の紹介で知り合ったという29歳の一般女性で、「僕が東海大のときからおつきあいさせて頂いていた方で、今年の1月に結婚しました」と明かした。すでに大阪市内で新婚生活を送っており、今月16日には披露宴もすませたという。

 鈴木昂は三菱重工名古屋から16年に入団し、来季で4年目を迎える。内野はどこでも守れる守備力に定評があり、チーム内でも「代わりはいない」と言われるほど。担当の由田スカウトは「昂平は言わなくても進んでできる選手」と模範にするほどで、目立たないが不可欠な存在だ。

 今季は自己最少の43試合出場にとどまったが、鈴木昂は「試合に出られなかったときも、ベンチで勉強や観察ができた。1打席という少ないチャンスかもしれないが、結果を残せるように頑張りたい」と抱負。来季に向けては敵にも定位置争いにも「勝つ」ことをテーマに飛躍を誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月26日のニュース