ソフトB柳田、子どもたちにビッグなプレゼント 39本塁打で1170万円を贈呈

[ 2018年12月24日 14:30 ]

ソフトバンクの柳田
Photo By スポニチ

 ギータ・サンタからビッグなクリスマスプレゼント?! ソフトバンクの柳田悠岐外野手(30)が24日、福岡市西区の特定非営利活動法人(NPO法人)「SOS子どもの村JAPAN福岡」を訪れた。開幕前に同施設に対し、1本塁打につき30万円(ポストシーズンを含む)を贈呈することを発表。ペナントレースでキャリアハイとなる36本塁打を放ち、CSで2本塁打、日本シリーズで1本塁打と計39本とし、1170万円を贈呈することになった。目録を大場美徳村長(69)に贈呈した。

 「1本でも多く打ちたいと思っていたし、喜んでもらえて良かった。まさかキャリアハイ打てるとは思わなかった」と笑顔。リクエストされていた子どもたちが遊ぶための鉄棒(2本塁打分)は、柳田が1号を放った直後に設置を開始。この日は鉄棒で遊ぶ子どもたちとふれあい、キャッチボールも行った。「みんなが夢に向かって、もっと好きなことをやらせてあげたいと思った。子どもの可能性は無限大。いろんな事を経験して一人前の大人になってほしい」と柳田。ギータ・サンタからは一人一人にぬいぐるみなどがプレゼントされた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月24日のニュース