巨人・岡本 炭水化物抜きダイエット 104キロからキャンプまでに90キロ台へ

[ 2018年12月23日 05:30 ]

トークショー後にファンと記念写真に納まる岡本(左)と吉川尚(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本が、アドバイザリー契約を結ぶアンダーアーマーのトークショーに吉川尚と出演。シーズン中に104キロまで増えた体重を「90キロ台まで落としてキャンプを迎えたい」と減量することを明かした。現在は「米をあまり食べないようにしている」と炭水化物を減らしている。

 小学生を対象にした野球教室と、同メーカーのブランドショップで1日店長も務めた。今季は96キロでスタートした体重がシーズン中に8キロ増。パワーアップを続けることで史上最年少22歳での「3割30本塁打100打点」を達成した。オフに体重を増やしすぎると故障につながる危険もあり、まずは今年のキャンプインと同じシャープな体をつくる。「餅は好きじゃないので」と正月太りも心配ない。壇上でふくらはぎの測定も行い、51センチと女性の太腿並みの太さにどよめきも起こった。「筋量を落とさないようにしっかりトレーニングしながら」と、目標の「40本塁打120打点」を目指す。 (神田 佑)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月23日のニュース