「私は王柏融です」日本ハム入団会見で日本語あいさつ 札幌の雪にびっくり 

[ 2018年12月21日 17:04 ]

札幌ドームで入団会見を行い、ドームをバックに栗山監督(右)と一緒に雪だるまを持って写真に収まる王柏融=(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 台湾・ラミゴから日本ハムへ移籍した王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)が21日、本拠・札幌ドームで入団会見を行い、日本語でのあいさつを披露した。竹田憲宗球団社長、栗山英樹監督が同席した会見で、冒頭に「みなさん、こんにちは。私は王柏融です。よろしくお願いします」と笑顔であいさつした。

 入団会見の前後で札幌市内の室内練習場や札幌ドームの施設を見学。「台湾にはドーム球場がないので、ドーム球場で試合ができるのは素晴らしい。とてもうれしく思う」と興奮気味に話した。来日した前夜は日本料理を堪能。街中に積もった雪については「台湾では雪が降ることはないので、たくさんの雪を見てびっくりした」と驚いた様子だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月21日のニュース