広島・菊池 来オフにもポスティングで米挑戦へ「自分にハッパをかける意味でも成績を残す」

[ 2018年12月21日 16:04 ]

契約を更改した広島の菊池。ポスティングでの米挑戦へ、球団に意思を伝えたことを明かした (撮影・成瀬 徹)     
Photo By スポニチ

 広島・菊池涼介内野手(28)21日、広島市南区の球団事務所での契約交渉の場で、来オフにもポスティングシステムを利用してメジャー挑戦の希望を伝えたことを明かした。

 「どうなるかは分かりませんが、自分にハッパをかける意味でも成績を残さないといけない。(以前にも)球団の方にもオーナーの方にも出向いて、そういう話はしていました」

 球団の日本人で、ポスティングシステムを利用して大リーグに移籍した例では、15年オフに前田がドジャースに移籍している。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月21日のニュース