レアード 日本ハム退団決定 条件面で折り合いつかず

[ 2018年12月21日 05:30 ]

日本ハムのレアード
Photo By スポニチ

 来日4年間で、通算131本塁打の日本ハム・レアードの退団が決まった。札幌市内の球団事務所で吉村浩GMは「数日前に厳しいということだった」と交渉が終了していたことを明かした。

 自由契約となった今月2日以降も残留交渉を続けたが、条件面で折り合いがつかなかった。マルティネス、ロドリゲスが残留、新助っ人は王柏融、ハンコック、バーベイトを獲得している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月21日のニュース