広島・九里 父のつてで米フロリダ自主トレ予定 錦織拠点も見学

[ 2018年12月21日 05:30 ]

契約を終え、笑顔の広島・九里
Photo By スポニチ

 広島・九里が20日、球団事務所で来季の契約更改交渉に臨み、2400万円増の推定年俸6200万円でサイン。今季はシーズン序盤から先発に回り、24試合で8勝4敗、防御率4・26。「いい評価をして頂いた。うれしい」と笑顔で語った。

 新春は、米国フロリダで初の自主トレを予定。ブレーブス傘下の3Aで内野手だった父・マークさんが現地に住んでおり、人脈やコネクションを頼りながら練習に励む。「父の友達が勤務している」というIMGアカデミーもその一つだ。

 男子テニスの錦織圭の拠点として名高く、「見るだけでもプラスになると思う。いろいろな話を聞き、いいトレーニングがあれば取り入れられたら」と目を輝かせる。世界で活躍するプレーヤーの極意を吸収し、自身の投球に生かす構えだ。

 来季目標には(1)開幕からローテーションを死守(2)規定投球回数クリア(3)防御率改善を挙げた。中でも自身初の(2)を強く意識しており「(先発時の)今季平均が5・9イニングぐらい。1〜2イニング増やしていけば」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月21日のニュース