DeNA東 初対面の大谷に緊張「手も大きくてオーラを感じました」

[ 2018年12月21日 05:30 ]

「日本プロスポーツ大賞」授賞式 ( 2018年12月20日 )

大谷(右)と東は握手を交わす(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 今季11勝を挙げ、ボクシングやゴルフ、競馬界の新人賞受賞者を押しのけ「最高新人賞」に選出されたDeNAの東は大谷との初対面に緊張していた。

 授賞式後のツーショット会見では汗が噴き出る右手をこすりながら握手。「予想以上に大きかった。自分が子供のように思えました。手も大きくてオーラを感じました」と1メートル70の左腕は23センチの身長差に苦笑いした。

 ただ、大きな刺激も受け た。「いずれは自分も大賞を獲れるように頑張りたい」とし「タイプも違うので目標にするというのは違うが、あの舞台(メジャー)に行ける実力がついたら、いずれ対戦できるよう追いつきたい」と将来的なメジャー挑戦の思いもちらつかせた。(伊藤 幸男)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月21日のニュース