ソフトB・長谷川勇 50%減の年俸1億円プラス出来高払いで更改

[ 2018年12月20日 14:18 ]

<ソフトバンク契約更改>会見する長谷川(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・長谷川勇がヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、50%ダウンの年俸1億円プラス出来高払いでサインした。「今シーズンは非常にプレッシャーがかかる場面の打席が多かった。その中で結果を残せたので自信になったシーズンだった」と振り返った。

 12年目の今季は昨年オフに右足首の手術を受けた影響で開幕は2軍スタートとなったが、6月に1軍に昇格すると主に勝負どころの代打で活躍。55試合で打率・287、5本塁打20打点をマークし、CS、日本シリーズでもチームの勝利に貢献した。

 球団側にはヤフオクドームの試合後、食事する選手サロンが報道陣の取材場所となっていることから「(取材用の)部屋を空けられるようになればいいのかなと思う」と要望を出した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月20日のニュース