西武移籍の内海、インスタでファンにメッセージ「一回りも二回りも成長して帰ってこられたら」

[ 2018年12月20日 13:52 ]

巨人の内海
Photo By スポニチ

 巨人にFA移籍した炭谷の人的補償として西武に移籍することが決まった内海哲也投手(36)が20日、球団の公式インスタグラムでファンに肉声を届けた。同動画の最後には「将来的にはジャイアンツに帰ってこられるように、ジャイアンツの紳士たれという部分をライオンズでも発揮できればいいと思いますし、一回りも二回りも成長して帰ってこられたらいいなと思っています」と頭を下げて締めた。

 スーツ姿でカメラの前に立った通算133勝左腕。冒頭では「ジャイアンツファンの皆様、突然のことですがこのたび西武球団にお世話になることになりました。15年間本当に熱い応援ありがとうございました。この思い出は忘れず胸に刻んでライオンズでがんばっていきたい」とあいさつした。プロ16年目を迎える来季を前に「パリーグとセリーグで分かれますけど、交流戦、日本シリーズで対戦するのを夢見て、一試合一試合投げていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月20日のニュース