ロッテ成田 バドミントンで自主トレも「角度をつけたい」

[ 2018年12月20日 05:30 ]

千葉市緑町小学校でマリーンズ算数ドリルのプレゼンターを務めたロッテ・成田  
Photo By スポニチ

 ロッテ・成田が地元・秋田でバドミントン自主トレを検討していることを明かした。

 この日は千葉市の緑町小学校で「マリーンズ算数ドリル」を配布。「高校の時やったバドミントンを取り入れたい。自分は身長がない分、角度をつけたいんです」。秋田商では実業団の北都銀行の選手と練習し、フォームを固めた。今夏の世界選手権女子ダブルスを制した永原、松本の「ナガマツペア」もいる強豪との合同トレが実現すれば、日米野球で侍ジャパンに選ばれた左腕はさらに成長するはずだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年12月20日のニュース