原巨人VSイチロー 来年3・17、18マリナーズと親善試合

[ 2018年12月20日 05:35 ]

12年の親善試合でガッチリ握手を交わす巨人・原監督(左)とマリナーズのイチロー
Photo By スポニチ

 原辰徳監督(60)が来季4年ぶりに指揮を執る巨人が、来年3月17、18日に東京ドームでマリナーズと親善試合を行う予定であることが19日、分かった。マ軍はイチロー球団会長付特別補佐(45)が選手として出場する見込みで、注目を集める一戦となりそうだ。

 原監督とイチローは09年のWBCで監督と選手という間柄で世界連覇を手にした。12年3月の親善試合で再会した際にはがっちりと握手を交わし、談笑。原監督は「イチローはイチロー。年老いることなく、進化した姿を見せてくれている」と目を細めていた。

 原監督にとっては開幕を約10日後に控え、レギュラー陣の見極めを行う貴重な2連戦となる。一方のマ軍も直後の20、21日にアスレチックスとMLB開幕2連戦(東京ドーム)を控え、万全に近い状態で臨むことになる。

 同時期には日本ハムとア軍の親善試合も組まれている。ドラフト1位の吉田輝(金足農)、2年目の清宮らスター候補生が、メジャーリーガーを相手に胸を借りる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月20日のニュース