ダルビッシュ 投球練習再開を報告「ずっと痛かった肘が嘘のように痛くないです」

[ 2018年12月20日 10:51 ]

カブスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(32)が19日(日本時間20日)、自身のインスタグラムを更新。キャッチボールを再開したことを報告した。

 6年の大型契約で移籍した今季は右腕のけがで8試合の登板にとどまった。5月に右上腕三頭筋の腱炎で故障者リスト入り。9月の精密検査で「肘の骨のストレス反応と上腕三頭筋の肉離れ」と診断され、同月に右肘の骨棘(こつきょく)を除去する手術を受けた。

 ダルビッシュは「最近投げはじめました」と伝え、軽めに投球する動画も投稿。「ずっと痛かった肘が嘘のように痛くないです!このまま順調にいけるように頑張ります!」と報告した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月20日のニュース