巨人・吉川光 来季はリリーフ専念 原監督「山口鉄也の後釜として期待」

[ 2018年12月20日 05:30 ]

契約を更改し会見に臨む吉川光(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 巨人・吉川光は500万円増の年俸7500万円でサインした。

 今季は主に先発で6勝7敗、防御率4・26。リリーフに専念する来季は50試合登板を目標に掲げ「少しずつ信頼を勝ち取れるようにやっていきたい」と“勝利の方程式”に加わることを目指していく。同じ左腕で通算273ホールドを誇り、今季で引退した山口鉄也氏の背番号47を引き継ぐ。原監督は「左のセットアップとして、山口鉄也の後釜として期待する」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月20日のニュース