“台湾の4割打者”王柏融 熱望!イチロー級活躍「1年目から同じように」

[ 2018年12月20日 05:30 ]

栗山監督(左)と握手する日本ハム・王柏融
Photo By スポニチ

 台湾・ラミゴから日本ハムへ移籍する「大王」こと王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)が19日、入団会見を行った。中華職業棒球大連盟(CPBL)から初めて入札制度を利用して日本球界に移籍する「4割打者」に、球団は00年オフにオリックスからマリナーズへ移籍したイチローと同じ国際的なチャレンジと位置づける。背番号は99に決まった台湾の英雄は、20日に来日する。

 台北市内の五つ星ホテル「W Taipei」に集まった報道陣は約200人。台湾の人気女優・?怡霈(ウーパティ)が司会を務め、新たに同僚となる主将・中田らからの激励動画も流れた。華やかな会見の壇上の中央に座った王柏融は、言葉の一つ一つに力を込めた。

 「台湾時代と同じように健康な状態を保ってコンスタントな活躍ができれば、いつかはタイトルが獲れる」

 かつてイチローがメジャー移籍したように、台湾の英雄の日本行きも「歴史的挑戦」と捉えられている。「(イチローのように)例えられていることは凄く光栄。1年目から同じようにプレーできるように精進していきたい」。台湾で2度も打率4割超をマークした左打者は、メジャー移籍1年目の01年にア・リーグMVPと新人王をW受賞したイチローばりの活躍を誓った。

(入団決意させた/ラブレター107ページ/環境適応へ/) 日本ハム入りを決意させたのは107ページにも及ぶ「ラブレター」だ。球団の練習法やデータ分析に加え、札幌の台湾料理店の場所や台湾の代表的料理「ルーローファン」がどこに売っているかなども記されていた。この配慮には王柏融も「慣れない環境で挑戦することになるが、いい成績を残せるように頑張りたい」と感謝した。

 ラミゴでは背番号9を背負ったが、日本ハムでは正遊撃手の中島がつけているため、9月9日の誕生日と野球選手を表す「ナイン」から「99」に決定した。中国語で「很幸福(フェイサン・シンフ=とても幸せ)」と獲得できた喜びを口にした栗山監督は、台湾で家族らが「ロンロン」と呼んでいることを知ると、「ロンロンと呼びます」と満面の笑みで中軸として期待していることを明かした。

 初の日本人野手としてメジャーで成功を収めたイチローのごとく、王柏融の新たな挑戦が幕を開けた。(台北・東尾 洋樹)

 ▼日本ハム・栗山監督 (関係者から投手として146キロを計測したことがあると聞き)二刀流いけるってことですか?いい情報ありがとうございます。(日本に)連れて行ってしまい、すみません。

 ▽01年のイチロー 大リーグの新人最多安打記録(233)を90年ぶりに更新する両リーグ最多の242安打を放ち、首位打者(・350)、盗塁王(56)にも輝いた。ア・リーグ新人王とMVPに選出され、ゴールドグラブ賞とシルバースラッガー賞も獲得。マリナーズが両リーグ歴代最多タイの年間116勝を挙げる原動力となった。

 《王 柏融(ワン・ボーロン》

 ☆生年月日 1993年9月9日生まれ、台湾・屏東県万丹郷出身の25歳

 ☆サイズ 1メートル82、85キロ。右投げ左打ち

 ☆出身校 毅保高級家事商業職業学校―中国文化大

 ☆ドラフト 中華職業棒球大連盟(CPBL)の15年ドラフトでラミゴに1位指名で入団

 ☆タイトル リーグ史上2人目、台湾選手として史上初の3冠王(17年)、MVP(16、17年)首位打者(16、17年)、本塁打王、打点王(17年)、ゴールデングラブ賞(16〜18年)

 ☆CPBL記録 シーズン打率.414(16年)、シーズン200安打(16年)

 ☆愛称 大王(ダーワン)。それ以外ではボーロン、ロンロン

 ☆日本語 現時点で話せるのは「おはよう」「おやすみ」「北海道日本ハムファイターズ」

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月20日のニュース