エンゼルス 先発右腕と合意 今後は正捕手狙いか

[ 2018年12月20日 05:30 ]

エンゼルスと合意したハービー(AP)
Photo By AP

 エンゼルスはレッズからFAとなった先発右腕マット・ハービー投手(29)と年俸1100万ドル(約12億3200万円)の1年契約で合意した。

 13年10月に右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、復帰した15年に13勝を挙げてカムバック賞を受賞。同手術から復帰を目指す大谷にとって格好のお手本となる。今オフ、これまで大型補強の動きは見せていないものの、今月初旬にはレイズから米航空宇宙局(NASA)でインターン経験があるデータ分析担当者ケビン・フェリス氏を招へい。今後は正捕手の獲得に動くとみられる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月20日のニュース