ソフトBミランダ 来季も助っ人共闘「ライバルではなく仲間」

[ 2018年12月16日 05:30 ]

カハナモク像の前で笑顔を見せるミランダ(右)と青木通訳
Photo By スポニチ

 今季途中に加入し6勝を挙げたソフトバンク・ミランダが、外国人選手の「共闘」を誓った。「ライバルではなく仲間だと思っている。助けてくれるし仲間が多いのは、うれしい」と切磋琢磨(せっさたくま)しながらチームに貢献する構えだ。

 自身初のハワイ旅行では家族と買い物に出かけたり、イルカを見に行くツアーなどに参加し「スーパーナイス」と上機嫌。つかの間のバカンスを終えれば、マイアミでの自主トレに入る。現地では同じキューバ出身のヤンキース・チャプマンらと合同トレーニングをこなす予定で「トップレベルの選手とできるのは光栄だし、たくさん学ぶことがある」と楽しみにした。

 来年2月の宮崎キャンプには初日から参加予定。「まずは健康でいることが目標」と万全な状態で開幕に向けた準備を進める。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月16日のニュース